フォレスタはオイル交換が多い?オイル量と使用するオイルの粘度

車を維持していくなかで欠かせないオイル交換。正直なぜ必要な作業なのかわからず、車にあまり興味関心がないと怠りがちになってしまうものですがオイル交換を定期的にしなければ様々なトラブルの原因になってしまいます。今回はとても重要な作業になるオイル交換についてポイントを抑えて確認していきます。

フォレスタのオイル交換頻度はどの程度?

そもそもオイル交換はなぜ必要なのか。人間に例えて簡単に説明すると、エンジン=心臓、エンジンオイル=血液という関係になっています。人間が生命活動を維持していく上で心臓に血液が正しく循環されないと様々な弊害が引き起こされるのは周知の通りですが、まさにそれと同様な関係となっているのです。エンジンにオイルが正しく供給されないとエンジンにトラブルが発生し故障の原因となってしまいます。故障などの弊害をなくすためにもエンジンオイルは定期的に交換し新鮮なオイルを供給していくことが必要不可欠になります。

人間で言うと血液に相当するエンジンオイルですが主に5つの役割を担っています。

①潤滑作用・・・金属摩擦を減らしエンジン等各部ををスムーズに動かす作用

②密封作用・・・ピストンとピストンリングの隙間を密閉しガス抜けを防ぎ気密性を保ちパワーを維持する作用。

③冷却作用・・・燃焼などによりエンジン内部で発生する熱を吸収放出してオーバーヒートを防ぐ作用。

④洗浄作用・・・燃焼などによって発生したエンジン内部の汚れを取り込みエンジンを綺麗に保つ作用

⑤防錆作用・・・エンジン内をサビや腐食から守る作用。

この5つの役割のおかげでベストな状態を保つことができます。この役割のどれかが欠けるだけでもエンジン不調が起こりやすくなるので非常に重要になってきます。

このように非常に重要なエンジンオイルですがどのくらいの頻度で交換していくのがよいのでしょうか。1年1万キロや半年5千キロ、3ヶ月3千キロなどなど様々な情報があります。一応メーカー推奨値としては軽自動車なら1.5万キロ、普通車なら1万キロごとの交換を推奨しているみたいです。走り方や使用頻度によっても違うのでしょうが個人的には半年5千キロ、余裕があれば3ヶ月3千キロの交換がオススメです。オイルは距離に関係なく日々劣化するのでなるべく新鮮なオイルを使用していたほうがトラブルの予防になります。以前車業界で勤めていたときもお客様への貸し出し用の代車は3ヶ月毎にオイル交換行っていました。良いオイルをたまに入れていくというよりも標準的なものでかまわないので鮮度を保つようにこまめにに交換をしていくことを私はオススメしたいです。

フォレスタのエンジンが不調だと、オイル交換頻度はどうなる?

エンジンが不調の場合オイル交換頻度はまず多くなります。そもそもエンジンとオイルは因果関係があるのでエンジン不調=オイル問題と考えてもいいくらいです。なのでエンジン不調の場合はオイルをまず疑ってみる必要があります。もはやオイルの問題出ない場合は早急にメンテナンスの必要がありますのでその場合はすぐに車屋へ行きましょう。

エンジン不調を起こす原因としてはオイルの劣化やオイルの不足、つまりオイル交換がさらないことによるトラブルです。エンジンオイルが劣化、不足すると上記説明した5つの作用が働かず、まずエンジン内部の摩擦抵抗が上がることによりエンジンへの不可が大きくなり燃費が悪くなります。燃費が悪くなるだけならまだいいですが、さらに状態が悪くなるとエンジンから異音が発せられるようになりそのまま放置してしまうとエンジンが焼きついてエンジンの載せ替えにまでなってしまいます。エンジン載せ替えとなると車種にもよりますが30万~80万円とものすごく高額な修理となってしまうので日ごろからしっかりとオイル交換しておきましょう。

心臓、血液の関係であるエンジンとエンジンオイル。どちらかに問題が発生すれば当然もう一方にも影響が出てきます。長く愛車を良好に保ち続けるためにも放置することなくこまめなメンテナンスが重要になります。

フォレスタで使用するオイルの量と粘度

オイルの量と粘度に関してですがこれは、メーカーが指定または推奨しているエンジンオイルの利用がまず基本となります。エンジンオイルも様々な種類があり何を選べばよいのかわからないということもあるほどですが、適当に選んで間違ったものを使ってしまうとエンジン本来の性能が発揮できずトラブルの原因となってしまいます。そのようなことにならないためにもまずはメーカー指定、推奨のエンジンオイルの使用が基本となります。

少し難しい話になるので簡単にですがオイル粘度についてみていきます。そもそもオイル粘度とは温度帯によってオイル形状が変わっていき、パフォーマンスに差が出てくるため低温時、高温時にオイルがどのような状態にあるかを示したものとなります。記載されている数字が小さいほど水のようにさらさら、数字が大きいほど粘り気が多いといった具合です。例えば5W‐30と記載があった場合は、Wというのは冬など低温時の粘度を表しておりWの左横の数字が低温時の粘度、右側が高温時の粘度を表しています。寒い地域では低温粘度の低いオイル、暖かい地域では高温粘度の高いオイルといった使い分けやレーシング用等々用途によっても使い分けされたりします。日本で通常の街乗り使用であれば無理に特殊なものを使ったりせずはじめから使われているオイル、メーカー指定、推奨のオイルを使っていただければまず間違いないでしょう。

フォレスターの場合だと先代のものをみてみるとオイル量はおおよそ5L、粘度は5W‐30のものがメーカー推奨になっていますので新型もサイズ差等大きく変更ないので据え置きで変更ないと考えられます。もし自身でオイルを選ばれる際はディーラーの方やカーショップの方と相談して間違ったものを適当に使用しないように注意しながら選んでください。

フォレスタオイル交換費用と自宅で交換する場合のオイルの価格

皆さんオイル交換をする場合はどのようにしているのでしょうか。ガソリンスタンドやディーラー、カーショップなどで手軽に交換するかたもいれば自宅でご自身で交換されるかたもいるでしょう。どのくらい費用がかかるのか、メリットデメリットについてみてみましょう。

まずは利用するかたも多いガソリンスタンド等でのオイル交換。費用としてはおおよそオイル1Lあたり1500円前後のところが多いのではないのでしょうか。価格競争の部分もあるのでもちろんもっと安いところもあると思いますがおおよそこのくらいの値段かと思います。オイルの基本料金プラス工賃、人件費というのがガソリンスタンド等での価格になります。時間はおおよそ30分くらいで予約も要らず気軽に交換できるのですがオイル代プラス工賃、人件費が含まれるので多少高くなりますが手軽さを考えると気にならないくらいです。ただ商売なのでオイルだけでなくあれこれ交換が必要といわれるケースも多いのできちんと選択できるようにしておかないとぼったくられる可能性もあるので要注意です。

自宅での交換の場合はオイルも自身でネット等で仕入れすることが可能で定価ではないためかなり割安で行えることもあります。しかし交換するための知識、道具が必要になるので初期費用や慣れるまで多少の苦労があります。オイルとは別に工具が必要となりジャッキ、めがねレンチ、ワッシャー、じょうご、廃油処理箱等が必要となり1万円弱ですが初期費用が必要となります。工具がそろい交換にもあまり苦なくできるようになればオイル代だけになるので委託するよりもかなり割安になります。ネットでオイル仕入れすれば1L500円くらいのものもあるのでかなりお得です。

車をいじったりご自身で交換可能な方はご自身での交換がお得ですが、ガソリンスタンド等でも時間もかからず手軽に交換できるので正直どちらを選んでも問題はないです。自身での交換のほうがお得にはなりますが、どちらの場合でも交換するのに必要なのは数千円ですのでオイル交換を忘れずしっかりと定期的に交換していくことが大切です。