フォレスタの安全性は自動ブレーキ!女性や老人にも運転しやすいポイント

フォレスター X-BREAK クリスタルホワイト・パール

徹也

「ぶつからないクルマ」「事故発生率ゼロ」といったキャッチフレーズを出しているスバル。新型フォレスターにはそのスバルの先進安全技術が詰め込まれています。乗る人の安心・安全のドライブを実現するためのスバルの独創機能をポイントを抑えて確認していきます。

フォレスタ安全性は自動ブレーキとスバル独創の先進機能

スバルといえば自動安全装置「アイサイト」。これは今では周知されるところなりました。スバルは他メーカーよりも早くから「ぶつからないクルマ」のキャッチフレーズを打ち出し、自動ブレーキをはじめとする安全装備の開発をしてきました。

「アイサイト」。名前は知ってるけど詳しくは中身を知らないという方も多いと思いますので性能を見ていこうと思います。

簡単にアイサイトの仕組みですが、ステレオカメラというものが内臓されておりそのカメラが眼となり人やもの、道路などを検知して危険を感知する仕組みとなっています。他のメーカーですと基本的にレーダーでの感知となっていますが、ステレオカメラとレーダーを比較すると物体の認識度が大きく違うため当然危険感知能力に差が現れます。現在ステレオカメラ単体での制御を実現しているのはスバルのみなので安全システムでは他メーカーよりも大きなアドバンテージをもっています。これは乗る側の私たちにとっては非常に安心を与えてくれます。

アイサイトの主な機能について確認していきます。プリクラッシュブレーキ。通称「プリクラ」です。これは俗に言う自動安全ブレーキシステムで、前車との衝突の危険がある際に注意喚起、回避操作が無い場合は自動減速、緊急停止をしてくれます。後退時自動ブレーキシステムも搭載されています。後退時にソナーが障害物を感知すると注意喚起、自動ブレーキをしてくれ仕組みです。この他にもクルーズコントロールや車線逸脱抑制、誤発進誤後進抑制制御などもあり乗る人の安心、安全なドライブをサポートしてくれています。

そして今回発売された新型フォレスターにはアイサイトの最新型である「アイサイトver.3」が全車に標準装備されています。最新型アイサイトの特徴としては、これまでの機能に加えて、全車速域でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動制御するツーリングシステムの搭載、安全運転の支援や視界そ拡張するアイサイトセイフティプラスの設定がされ今まで以上にあらゆる場面で運転支援が可能になっています。

今回の最新型アイサイトの特徴として「ドライバーズモニタリングシステム」の搭載も目玉となっています。ドライバーの居眠り、わき見を検知し警告を発したり、事前に登録しておけばドライバーの顔を識別しシートの位置やドアミラーの角度、エアコンの設定を自動で調整してくれる便利な機能となっています。

スバルはぶつからないクルマ作りの先駆者であり、自己発生率ゼロの実現を目指しているメーカーですので上記したように最新のシステムを常に開発し私たちの安心・安全を守ってくれています。運転初心者から上級者まで、さらには老若男女問わず誰でも運転しやすくなっています。

フォレスタは他車種と比べて運転しやすい?しにくい?

運転のしやすい、しにくいは千差万別なので一概には言えないですが、新型フォレスターは非常に運転しやすいのではないでしょうか。

最近はSUV車が非常にブームとなっていて各メーカーがしのぎを削って開発している状況です。SUV販売台数首位のトヨタC‐HRを筆頭に日産エクストレイル、ホンダヴェゼル、マツダCX‐5。国外メーカーもこぞってSUVブームに乗っかっています。スーパーカーでおなじみのあのランボルギーニも初SUV車となるランボルギーニウルスを発売し始めました。

徹也

他メーカーのSUV車のパフォーマンスをいくつかピックアップしてみていきます。

トヨタC‐HRはコンパクトSUVといわれるものでサイズ感が若干小ぶりになっています。そのため取り回しに非常にすぐれていて市街地では活躍間違い無しです。ただ乗り心地はユーザーの声を参考にするといまいちな部分もあり上質感にはかけているようです。ホンダヴェゼルも比較的近い乗り心地になるのではないでしょうか。

マツダCX‐5は、私の友人が乗っており何度か同乗していますが非常に快適です。ディーゼル車の仕様ですのでディーゼル独特の音や振動があるのかと思っていましたがかなり抑えられていてほとんど気にならないレベルです。一度運転させてもらったこともあるのですが足回りの感じやステアリングの反応などもよく非常に運転しやすかったです。運転のしやすさという一面からだと新型フォレスターにとってかなり手強い車両です。

新型フォレスターについてはまだ試乗レポート段階でしか走りの確認が取れないので評価が難しいですが、何よりもまず最近では運転しやすいことの必要条件として安全性が求められています。この点からいくと他の車両よりも圧倒的であるといえるので運転しやすいといってもいいのではないでしょうか。構造の話になりますが、今回新型フォレスターには新プラットフォームSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されておりこれによってさらに質の高い走りと優れた操舵応答性が実現されているそうです。悪路走破性を高める「X‐MODE」も進化し設定されているので、様々な状況において非常に運転のしやすい車両となっていることは間違いないです。

フォレスタの横滑り防止機能とは

横滑り防止機能とは自動車の旋回時における姿勢を安定させる機能のことで、路面状況や危険回避などにより急なステアリング操作により車体姿勢が乱れるのを防止します。

フォレスターでは以前から横滑り防止機能として「X‐MODE」というものが存在しています。今回新型フォレスターになりX‐MODEも進化を遂げました。以前までは悪路の場合にオンオフを切り替えるだけでしたが、今回進化し路面状況に合わせて「スノー・ダート」「ディープスノー・マッド」のモード切り替えが設定されました。滑りやすい悪路では特別な運転技術が必要となりますが、X‐MODEを使用すれば特別な運転技術も不要で悪路走破が可能となります。路面状況に合わせてモード切り替えが可能になったことからより容易になりました。

新型フォレスターのX‐MODEは、スノーボードへいく雪道や、キャンプへいく山道など通常では危険の伴うようなケースも誰しもが今までよりも安心して運転できるようになり、非常に画期的な進化を遂げているといえます。

フォレスタ安全性の機能まとめ

徹也

ここまで新型フォレスターの安心・安全な運転をサポートしてくれる安全装備、機能についてみてきましたがわかりやすくまとめていきます。

・アイサイトver.3

アイサイトセイフティプラス、ドライバーモニタリングシステム、ツーリングアシスト、プリクラッシュブレーキ、後退時自動ブレーキシステム、全車速域追従機能付クルーズコントロール、車線逸脱抑制、誤発進誤後進抑制制御

事故発生率ゼロの実現を目指すスバルの先進安全技術が詰め込まれているアイサイト。アイサイト搭載車は非搭載車に比べて追突事故発生率を84%減少というデータもあり、数字にも裏打ちされた言わずと知れた安全装備です。

・歩行者保護エアバッグ

自動車が歩行者と衝突した際に歩行者を衝撃から保護するためのエアバッグ。衝突を検知すると100分の5秒でボンネットとフロントウィンドウの間からエアバッグが展開されます。こちらは新型フォレスターでは全車標準装備となっています。現在まだ導入されていない車両がほとんどですが、万が一の際に歩行者の生存率を飛躍的に高めてくることになるので今後標準装備や主流となるはずです。さすがSUBARUです。

・X‐MODE

上記でも説明した横滑り防止機能を進化させたものです。これにより悪路での事故や運転ミスが非常に抑えられます。簡単にスイッチでの切り替えができるので運転スキルも不要。

 

上記以外にも細部まで見ていくと、フロントウィンドウを広く展開することで視界の広さをUPしていたり、ドアミラーの取り付け部を少し後後退させ、三角窓のガラスエリアを広げることにより死角を減らしさらにアイポイントを高めに設定し良好な運転視界特性を実現していたりと非常に運転する人に配慮されていて運転しやすい車になっていることが伺えます。

このように他メーカーより一歩抜きん出た先進安全技術をふんだんに盛り込んで造られた新型フォレスター。安全というのはこれからの車選びをしていく上では必須事項になるポイントです。今回みてきたように新型フォレスターは企業理念に沿い、安心・安全に誰しもが運転しやすい一台になっているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です